« 川口琢司・長峰博之編『ウテミシュ・ハージー著『チンギズ・ナーマ』解題・訳註・転写・校訂テクスト』 | Main | 東巌夫『騎馬民族がもたらした日本のことば』 »

LIGHT, INTIMATE HERITAGE: CREATING UYGHUR MUQAM SONG IN XINJIANG

Nathan Light, Intimate Heritage: Creating Uyghur Muqam Song in Xinjiang. Berlin: LIT Verlag, 2008, 334p.

Nathan Lightさんの待望の著書がついに届きました。本書はアマゾンで出版が告知されてから結構待たされまして、たびたびアマゾンから「まだ調達できません」というようなメッセージが入り、一方的に発注がキャンセルされたらどうしようと気をもんでいたのですが、やっと手にすることができ幸いでした。

タイトルのIntimateの意味がまだ正確につかめていないのですが(なにぶん人類学の術語や流行り言葉に疎いので、どういったふうにこの言葉を扱ったものやら頭が痛いです。どなたかご教授ください)、本書はウイグル民族文化の華ともいうべき12ムカムの創出の問題に取り組んだ意欲的な著作です。12ムカムとはrak, chebiyat, mushawirek, charigah, penjigah, uzal, ejem, oshaq, bayat, nawa, sigah, iraqの12の楽曲(旋法)からなる組曲のごときもので、ウイグルの代表的な文化としてよく知られています(12ムカムについては鷲尾惟子さんのサイトの参照をお勧めしたく思います)。

以下は目次:

1. 序章
2. ウイグル舞台芸術とムカム
3. 神秘主義文学における詩(Poetics)と政治(Politics)
4. ギブアンドテイク:音楽と芸術の系譜
5. オメル・アホンのムカム
6. ムカム歌謡の実演、編集、出版
7. ムカムにおけるダスタンとマシュラプ歌謡
8. 結論

私見では本書の価値はわが国でも前から注目されてきた中央アジアにおける「民族の創出」という流れのなかで、ウイグル人がいかに自文化を画定してきたか、という問題を、ウイグル民族文化の本丸ともいうべき12ムカムから果敢にアプローチを試みたということにあるのではないでしょうか。現代ウイグル人の文化的系譜を探る意欲的な取り組みとして本書は高く評価されるべきだと信じます。

なお、本書はどちらかといえばムカムの文化戦略的な面、ポリティカルな面に注目し、ムカムで用いられたテキスト(多くはいわゆるウイグル古典文学の代表作品からなる)などを分析対象にしていますが、たまたま機を同じくして12ムカムの音楽を中心に据えた研究書も出版されていますのでご紹介しておきます。著者はSOASのレイチェル・ハリスさんです。

Rachel Harris, The Making of a Musical Canon in Chinese Central Asia: The Uyghur Twelve Muqam. SOAS Musicology Series, Ashgate Press, November 2008, 176p.CD-ROMつき

お二人とも、ロンドンでの会合でお会いしました(ライトさんはその後アナーバーでもお会いしましたっけ)が、ここ1-2年は新疆留学/滞在経験者の最初のころの世代の研究成果が目白押しと言った感じです(2009年出版予定の本もいくつかありますし…)。明らかに新疆研究は新たなるステップに進みつつあることが明らかで、わくわくいたします。

|

« 川口琢司・長峰博之編『ウテミシュ・ハージー著『チンギズ・ナーマ』解題・訳註・転写・校訂テクスト』 | Main | 東巌夫『騎馬民族がもたらした日本のことば』 »

Comments

どちらの本も面白そうですね。12ムカームには以前から興味があるので、どちらの本も読んでみたいものです。鷲尾惟子さんのサイトも見てみましたが、12ムカームの音は全部は聴けないようですね。ご存知かも知れませんが、uyghurmuqam.com というサイトでは、全曲を歌詞を対照しながら聴くことができますよ。

Posted by: 小沢 彰 | 2009.02.05 11:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference LIGHT, INTIMATE HERITAGE: CREATING UYGHUR MUQAM SONG IN XINJIANG:

« 川口琢司・長峰博之編『ウテミシュ・ハージー著『チンギズ・ナーマ』解題・訳註・転写・校訂テクスト』 | Main | 東巌夫『騎馬民族がもたらした日本のことば』 »