« 濱田正美『中央アジアのイスラーム』 | Main | 某ワークショップより帰宅 »

ちりとてちん、ついに最終回

この半年間というもの、大いに私を楽しませてくれた「ちりとてちん」(NHK連続テレビ小説)本日ついに最終回です。

この帯の番組、というか連続テレビ小説はときどき(残念ながら「いつも」ではない)自分の生活リズムを支援するペースメーカーとして何というんですかね、励みになることがあります。「ちりとてちん」以前では「てるてる家族」、「こころ」、「オードリー」、「私の青空」、「すずらん」、「ふたりっ子」などはよく観たものでした。これらは必ずしもすべて出来がいいとか、主役が好みだったとか言う理由で観てしまったわけではなく、偶々時間が合ってしまったからずるずる観てしまった、というのが多いです。

振り返ってみて、つくづくよかったなあ、と思うのは「てるてる家族」と「私の青空」かな。そして「ちりとてちん」はこれまでで文句なし、もっとも笑い泣きのあったすばらしい作品でございました。たかだか15分のドラマがここまで見せるとは、正直思ってもみませんでしたね。日々の生活はこういうささやかな幸せを積み重ね(このドラマ風にいうならば「塗り重ね」)営んでいくものなのでございましょう。

|

« 濱田正美『中央アジアのイスラーム』 | Main | 某ワークショップより帰宅 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 濱田正美『中央アジアのイスラーム』 | Main | 某ワークショップより帰宅 »